函館 引越し業者 安い

函館市で料金の安い引越し業者の探し方

函館市 引越し 安い

函館市 引越し 格安

函館市 引越し 相場

函館市 引越し 見積もり

 

函館市の引越し業者を検索すると50件以上がヒットします。
このすべての引越し業者に見積もりを依頼したら、函館市内で一番安い引越し業者を探すことができますね。

 

でもそれは現実的ではありませんし、到底無理な話です。

 

すべての業者から見積もりを取るのは無理でも、せめて3〜4社からは見積もりを取って比較してください。
引越し費用が安いのか高いのか判断するには相場を知る必要があり、相場を知るには数社からの見積もりが必要です。

 

そのためにオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです。

 

函館市 引越し 最安値

 

24時間いつでも好きな時間に申し込むことができるので、仕事が忙しくて時間がない人にもオススメです。
1度情報を入力するだけで複数の引越し業者から見積もりを取ることができ、相場はもちろん最安値の引越し業者を探すのにも一役買います。

 

 

他にもいろいろな一括見積もりサイトがあります。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

 

 

引越しの手順を確認

 

函館市 引越し 手順

 

引越しはすることが目白押しなので、おおよその手順を知っておくと便利です。
引越しが決まったら少しずつ動きましょう。

 

<引越しの1カ月前まで>
・現住所の大家さんや管理会社への退去連絡し、駐車場の解約も行う。
・新居を決めて契約する。駐車場も新規契約する。
・引越しの日程を決めて、相見積もりを取って引越し業者を選ぶ。

 

<1カ月〜2週間前まで>
・今すぐに使わないものを荷造りする。
・粗大ゴミの処分や不用品の処分をする。

 

<引越しから2週間〜1週間前まで>
・転出届けの提出、印鑑登録の廃止、など役所関係の書類を提出する。
・よく使う物も少しずつ荷造りしていく。

 

<1週間〜3日前まで>
・インターネット、電気、ガス、水道などのインフラの停止手続きを行う。
・郵便物の転送手続き

 

<3日前〜当日>
・冷蔵庫の中身を処分し電源を抜く。
・新居への移動方法を確認する。
・新居の掃除を行う。

 

<引越し当日>
・引越し業者への家財の置き場所を指示したり、搬入物の確認をする。
・荷解きと整頓
・新居こ゛近所への挨拶に行く。

 

<引越し後>
転入届、転居届、マイナンハ゛ーの住所変更、国民健康保険の加入手続き、印鑑登録、なと役所の手続き。
携帯電話や銀行口座、クレジットカード、各種保険、免許証などの住所変更を行う。

 

引越しが確実なら、まず管理会社や大家さんに退去の報告を入れましょう。

 

次に引越し業者への見積もりですが、実は新居が決まってからでないと料金の計算ができません。
なぜなら新居の情報も費用に必要だからです。エレベーターの有無やトラックの駐車場の場所なども引越し時間に関係するのです。

 

ですからまず新居を探して、新居が決まったらすぐに引越し業者に見積もりを依頼して料金やサービスを比較した後、契約もしておきましょう。

 

条件の良い引越し業者ほどどんどん予約が埋まるので、見積もりだけでなく契約するのをお忘れなく。

 

不用品や粗大ゴミを処分するのは時間がかかるので、早めに取り掛かってください。
売る・あげる・捨てるなどいろいろな処分方法があります。

 

荷造りは普段使わないものや季節外れの洋服からどんどん始めておくと良いですね。
引越し前に処分したほうが引越し費用も安くなる可能性があります。

 

さて引越しの2週間前になったら、転出届(市外引越しの場合)など役所関係の書類の提出が可能です。
電気・ガス・水道などインフラの停止や精算方法の確認、郵便物の転送届を提出したら、いよいよ引越し当日です。

 

引越し当日、荷物の運搬は引越しスタッフにおまかせして家財の配置を指示してください。
先に決めておいて、紙に描いておくと便利です。

 

ただし、貴重品や高級品、現金、通帳や印鑑、大事なデータ、遺影などはなにかあった時に元に戻らないことがあるので自分で管理しましょう。
引越し当日の空いた時間にご近所へ挨拶に行きましょう。

 

市外引越しなら転入届を、同一市内の引越しなら転居届を新居に最寄りの市町村役場に提出します。
ほかにも役所関係の書類があれば提出しましょう。

 

あとは銀行や運転免許証、保険、会員証など住所変更が必要なものは早めに変更しておきましょう。